支部概要

南大阪支部の概要

支部名 大阪府宅地建物取引業協会 南大阪支部
所在地 〒583-0854 羽曳野市軽里3-1-10 南大阪不動産会館
MAP
TEL 072-958-3005
FAX 072-958-3111
e-mail m_osaka-takken@msj.biglobe.ne.jp
営業時間 9:00~17:00
定休日 土・日・祝

南大阪支部の顧問・相談役・監査

役職名 氏名 商号・職業 電話番号 FAX
顧問 山本 進吾 (株)北辰ホーム 072-959-5170 072-959-5171
常任相談役 小西 一彰 小西住建 072-332-0800 072-332-2222
相談役 大伴 富美男 大伴建設(株) 072-337-1333 072-337-2260
監査 稲田 康弘 末広不動産 072-331-0118 072-334-6449
監査 宮脇 博 エクセルホーム 072-333-0245 072-333-1210
監査 山門 聖 セイコーホーム 072-955-7855 072-955-7868

南大阪支部の役員

役職名 氏名 商号・職業 電話番号 FAX
支部長 東門 幸一 (有)西日本興産 0721-70-3131 0721-70-3111
副支部長
総務財政委員長
迫村 栄治 栄南住宅 072-333-4123 072-336-0551
副支部長
綱紀自主規制委員長
小池 博 (株)ライフ住建 072-972-1101 072-972-1106
副支部長
企画推進委員長
長野 肇 山長不動産 072-252-0650 072-252-0720
副支部長
会員事業推進委員長
山田 晴三 サンパルホーム 072-950-4538 072-950-4539
副支部長
財政部会長
辻田 和実 辻田ホーム 072-368-0564 072-368-0564
副支部長
青鳩会部会長
志賀 勉 光栄不動産販売 072-330-7755 072-330-7766
副支部長 土師 薫 土師不動産 072-333-7721 072-330-0900
副支部長 山本 佳正 (株)宝興業 072-972-5580 072-972-5551
副支部長 山崎 規男 大阪住建(株) 0721-62-3131 0721-64-1310
副支部長 石橋 安恵 協栄地建(株) 072-938-6677 072-938-6610
組織委員長
相談所運営委員長
富田 慶次 トミタ住販 072-938-0030 072-939-0010
システム委員長 道本 克秀 (株)道本工務店 0721-62-3581 0721-64-0601
政策委員長 松野 利忠 宝不動産 072-332-2636 072-333-8947
広報委員長 石阪 佳則 (有)ニューズホーム 072-938-9380 072-938-9390
研修委員長 木本 圭二 (株)木本デザイン設計室 072-332-0980 072-332-0984
女性部会長 西村 光世 柳本興産 072-955-9370 072-939-3303

南大阪支部 Information

支部長挨拶

新年あけましておめでとうございます。支部会員の皆様方におかれましては、ご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は、南大阪支部の運営にご尽力を賜りまして心より御礼を申し上げます。
本年は、皇紀(紀元)2680年・仏暦2563年・西暦2020年・令和2年 庚子 閏年
明治以来153年・大正以来109年・昭和以来95年・平成以来32年となります。
昨年は、天皇陛下の御代がわりがございました。「即位の礼正殿の儀」(儀式が始まると雨がやみ青空が出て、虹が橋をかけ、富士山には初冠雪となり「天孫降臨神話」のような自然現象も歓迎をされました。)そして、「祝賀御列の儀」は4.6kmを30分かけ整然としたパレードとなり、11月14・15日と大嘗祭が厳粛に挙行され全ての祭典行事が無事故に終え安堵しました。今年は、なんといっても東京オリンピックイヤーです。選手・観客や観光客で賑わうことでしょう。
不動産業界では、本年4月1日民法の改正(相続法・債権法)が施行されます。120年ぶりの大改正となります。成人(18歳)年齢引き下げも2022年4月1日に施行されます。
大阪宅建協会では「人・すまい・地域を繋ぐ懸け橋」ビジョンを支部も推進します。
少子高齢化・空き家の問題、防災減災について各行政は安心・安全なまちづくりに注力し、大阪宅建協会は「災害時における民間賃貸住宅の媒介等に関する協定書の締結」を推進します。(現在は4市と締結)
不動産業務研修会の令和元年第二回受講率は支部最高を更新91.6%となりました。
本年も会員の皆様方に支部の運営・行事活動にご参加とご尽力を賜ります様、心よりお願い申し上げます。
結びに、支部会員の皆様方のご多幸・ご健勝、事業の隆昌と繁栄をご祈念申し上げ新年のご挨拶といたします。
そして、次の言葉を贈ります。皆様の今後の発展にお役立てれば幸いです。
 
『人の一生』
20代で汗を流さなければ、40代で涙を流す。
30代で知恵を出さなければ、50代で部下がいなくなる。
40代で人脈がなければ、60代で仕事がなくなる。
50代で人望がなければ、70代で孤独になる。
60代で希望がなければ、80代で後悔する。
70代で夢があれば、90代で歴史に残る。
100代では、運と徳があれば、生(息)きられる。

令和2年1月15日
支部長 東門幸一