宅建協会について

大阪宅建協会とは

大阪宅建協会とは

適正な運営と公正な取引を確保し、
宅建業の健全な発展を目的に設立。

一般社団法人大阪府宅地建物取引業協会(大阪宅建)は、大阪府下における宅地建物取引業者約8,500社が加入している社団法人で、宅地建物取引業務の適正な運営と公正な取引を確保し、品位の保持および資質の向上に努め、宅建業の健全な発展を図ることを目的に設立されました。

府下最大の業者団体であり、宅建業者の資質の向上をはかるため会員の指導育成に努めるとともに、不動産取引を通じ社会に貢献することを目的としております。

ハトマークについて

ハトマークについて

会員業者と消費者の信頼と繁栄を意味する2羽のハトが
全宅連のシンボルマークです。

(公社)全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)のシンボルマークです。全国47都道府県に各宅建協会が設置されています。

2羽のハトは「会員業者と消費者の信頼と繁栄」を意味し、赤色は「太陽」、緑色は「大地」、白色は「取引の公正」を意味します。

宅建協会の会員店には、協会のシンボルマーク「ハトマーク」のステッカーが貼ってあります。安全な不動産取引の実現は、このマークのお店にお任せください。

トップへ戻る

(一社)大阪府宅地建物取引業協会

(公社)全国宅地建物取引業保証協会 大阪本部

〒540-0036 大阪府大阪市中央区船越町2-2-1
電話でのお問合せ先
Copyright © Osaka Takken Association. All Rights Reserved.